物件のリノベーション

リノベーションとDIY

不動産や賃貸の情報誌をパラパラめくっていると、最近、「リノベーション」や「DIY」という言葉をよく目にするようになりました。

リノベーションは日本語で「改修」と訳され、「リノベ」と略すのが一般的です。
その定義は必ずしも明確ではないようですが、「借り手のつかなくなった中古物件などを、建築家やデザイナーがその良さを活かしながら新しくデザインし、新しい息を吹むこと」を指すことが多いようです。リノベーションによって蘇った中古物件のことを「リノベ物件」と言ったりします。

一方、DIYは「Do it yourself」という英文の略語で、専門業者などに任せずに自分で物件を手直しすることを指しています。若者を中心に、自分の好みで壁紙や床材などを選びたい人や、それによって自分の個性を発揮したいと考える人たちが増えており、これまで「きれいな状態で」流通することが常識だった賃貸市場でも、DIY可能な物件が、一部流通するようになってきているようです。

物件の個性を活かす

まちごと屋で紹介する物件の多くは、このような「リノベ物件」や、「DIY可能」な、まだ手を入れていない物件です。当然、手直しされていない部分が多く、スペック的には不便な状態のまま貸し出されていることが前提となりますし、現在の住宅規格で作られておらず、様々な面で、今の賃貸物件の常識とは違う特徴をもっていたりもします。

ただ、これらの特徴こそが、物件の「個性」でもあります。
リノベやDIYを通じて、自分なりの物件を手に入れることができる。
なんとなく変な間取りだけど、そこが逆に、お気に入りの居場所になる。
まちごと屋では、そんな発見があったり、愛着を持てるようなマチナカ物件を紹介して行きます。
また、リノベやDIYをより身近に感じていただけるようなワークショップなども定期的に開催していく予定です。

小さくても、個性的なライフスタイルが、マチナカに溢れていくこと。
そのための物件との「出会い」をお手伝いすること。
それが、まちごと屋の目指す姿です。

まちごと屋は、「貸したい」と「借りたい」をつなぐ、地域のなんでも屋を目指しています。
利用者のニーズにあったサービスをどんどん提供していきますので、まずはスタッフまで、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら