まちごと屋ってなんだ? | まちごと屋

まちごと屋ってなんだ?

みなさんこんにちは。

「まちごと屋だより」第一弾ということで、まず「まちごと屋ってなんなんだ?」「どんなこと考えてるんだ?」ということについて、少しだけお話したいと思います。

高崎の中心市街地を見渡すと、「空き物件が多いな」と感じますよね。これ、悪く捉えれば「活気が無い街だねぇ、いやだねぇ」ということになるのですが、好意的に考えると「中心市街地で、新たにいろんなことができる可能性がある」ということにもなると思うんです。例えば、若い人が安い家賃で物件を借りて、カッコ良く改装して使うとか。そういう可能性です。

もちろん、空いているたてものの多くは古いものです。それをただ単に古いだけの、壊すべきものと考えるか、使い込んだからこその風合いがある「可能性を秘めた資源」と考えるかによって、街の見え方は大きく変わります。

まちごと屋は、高崎の街なかにある数々の空きたてものを「資源」と考えています、つまり、私たちの目には、高崎は可能性に満ちた街に見えているわけです。

資源としての古いたてものの、眠った可能性を引き出すために必要なのが、リノベーション(=建物を改修して、用途を変更したり価値を高めたりすること)です。

古くなった建物に対して、「壊して新しいキレイな建物を作る」か「更地にして駐車場にする」かの選択肢しか無いと、「資金的に余裕が無いから街なかに進出するのは無理だな」となってしまいますよね。ところが、「古い建物を、うまくリノベーションして活用する」という選択肢が加わることによって、やる気のあるチャレンジャー達が、比較的少ない資金負担で街なかに店や事務所を構えることができるようになります。しかも、リノベーションの仕方によっては、真新しい建物よりカッコイイ、味のあるたてものに生まれ変わる可能性もあるわけです。そう思うと、なんだかちょっと、ワクワクしてきませんか?わたしはしちゃいます。すごく。

「たてものに 出会いが満ちて 街になる」

空いているたてものが、さまざまな形で活用され、そこに出会いが生まれて、街がもっと魅力的になっていく。それがまちごと屋の思い描く理想です。実現に向けて、ワクワクとドキドキをひとつずつ積み重ねていけたらと思っています。

ちなみに、

古い建物を上手にリノベーションして、魅力ある使い方をしている方たちが、全国には沢山います。次回のまちごと屋だよりでは、ステキなリノベーション物件が多数存在する長野県長野市を取材した模様を、何回かに分けてお届けします。是非お楽しみに!